Introduction ごあいさつ
社長メッセージ
代表取締役社長 岩本 久信
100年時代の安全・安心を求めて

日本に初めてPC橋が建設されて70年になります。今日までPCの設計・施工技術の飛躍的な進展により、優雅で魅力的な橋梁や建築物が数多く出現しています。橋梁は空間をつなぎ、その時代の考えを言葉や行動で伝えます。建築物は人をつなぎ、感性を磨くための生活空間を創出します。構造物は、美しい造形をもって歴史を紡ぎ、社会生活に浸透して人々の営みに寄与してきました。
当社は、これからの生活様式や価値観の多様性に寄り添い、100年時代の安全・安心を求めるために、PC技術を発展させ伝承していきます。また、生活のグローバル化に応えるために、海外へのインフラ整備にも貢献していきたいと考えています。この目標を達成するために、2020年4月、建設コンサルタントとして挑戦のスタートを切りました。

代表取締役社長 岩本 久信

<社名の由来>

PFD Pons Fex + Design

社名の「ピーエフ・ディー(PFD)」は、ラテン語のPonti-fexの語源である「橋」を意味するPonsと、「作り出す」を意味するFex、そして「設計」を意味するDesignを組み合せたものです。
また、ローマ教皇は「Romanus Pontifex」と表記され、上記に示す語源から「橋を造る、架ける人」という意味があります。
私たちは、「橋を造り出す、架ける設計技術者」「橋梁の設計を極める」という思いを込めて「ピーエフ・ディー」と命名しました。

Our Works わたしたちの仕事
事業内容
わたしたちは、建設コンサルタントです。
  • 橋梁及びその他
    土木・建築工事の
    調査・設計・監理

    構造物が建設される立地環境にふさわしい構造形式、構造寸法を考えます。

  • 補修・補強工事の
    調査・診断・設計・監理

    環境にふさわしい構造物に生まれ変わる方法を考えます。

  • 若手技術者への
    設計技術の伝承

    PC技術を用いた構造物構築の方法を発展させ、次代への伝承に取り組みます。

その他の事業
  • ミャンマーエンジニアの教育実習
    ミャンマーエンジニアの教育実習
    (2012年~)

    グループ会社である株式会社富士ピー・エスは、海外事業への展開の基礎事業として、2012年からミャンマーエンジニアとして新規大学卒業生を採用しており、これまで27名のエンジニアが誕生しています。採用時には、ミャンマーにて5か月間の日本語研修、入国後2か月間はプレストレストコンクリート(PC)の基礎技術研修を実施しています。研修では、主にPC橋の詳細設計、線形計算、数量計算、測量実習、CAD製図、製造管理、品質管理など実践に向けた演習を行っています。当社は、基礎技術研修の一部委託を受け、研修を行っています。

  • BIM/CIMへの取り組み BIM/CIMへの取り組み
    BIM/CIMへの取り組み

    国土交通省は2016年を「生産性革命元年」と位置づけ、i-Constructionの導入など生産性を向上する計画を推進しています。その中の主な施策であるICTの活用として、計画・調査・設計段階への3次元モデルの導入による一連の建設生産システムの効率化・高度化に向けたBIM/CIMへの取り組みを始めています。

業務実績
PC技術による構造物の設計と施工の実績を紹介します。これまでの経験をコンサルタントのステージに展開していきます。
※社員の過去の実績
Recruitment 採用情報
Company 会社概要
会社名 株式会社ピーエフ・ディー
所在地 〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1-13-8九電不動産ビル3F
電話番号 092-791-3088
FAX 092-791-3095
設立 2020年4月1日
代表者 代表取締役社長 岩本 久信
事業内容
  • ①橋梁及びその他土木・建築工事の調査・設計・監理
  • ②補修・補強工事の調査・診断・設計・監理
  • ③若手技術者への設計技術の伝承
資本金 1000万円
事業登録 建設コンサルタント 九州地方整備局登録 建02第10726号
資格 技術士、技術士補、コンクリート診断士、コンクリート構造診断士
PC技士、1級土木施工管理技士
Access 周辺地図